たくさんある自動車保険

どんなに注意していても、どうにも避けられないものがあります。

そのひとつが交通事故です。

自分は大丈夫…と思いながらも、こればかりはどうしようもありません。

いざ交通事故を起こしてしまうと、本当にいろいろ大変です。

そのために任意の自動車保険があります。

必ずしも入らなくてはならないものではありませんが、現在は7割以上の人が自動車保険に加入しています。

 

しかし、決して安くない自動車保険。

しかも生命保険と違い、掛け捨てとなります。

そのため、少しでも安いところに加入したい、と考えるのは当然のことでしょう。

 

現在は、インターネットを使って簡単に見積りをすることができます。

しかも、見積りをするだけでポイントがついたり、マックカードがもらえたりするところもあります。

どこの保険会社も新規ユーザー獲得のため、いろいろな特典をつけているのです。

 

値段は、本当にさまざまです。

同じ保険なのに、なぜここまで差が開くのか…不思議に思うかもしれません。

さまざまな特約など、オプションの選択の仕方でも大きく値段に広がりがでます。

そのため、一括の見積りでも、一概にどこがいいと即決しにくい場合もあります。

 

さまざまなサービスを見比べて、自分にとって必要なサービスはなんなのか、いくらくらいまで出せるのかをまず考えたいところです。

その上で、自分にあったいい塩梅の保険会社を見つけられるといいですね。

自動車保険での特約の注意点

任意の自動車保険を安くするためには、不要な特約を減らすことです。一般的に自動車保険には多くの特約がついています。そして知らないうちに色々な特約を結んでいる場合も多いのです。特約ひとつについて見ると金額はそれほど高くはありません。しかし不要な特約を付けること自体ムダです。しかも複数の特約を結べば、保険料もかなりの割高になってしまいます。

そもそも特約については、契約者本人がそれを知らないということが一番の問題です。特約の保険料をきちんと払っていて、仮にそのち特約が受けられる状況になっても、本人が知らなければせっかくの特約もすべてムダになってしまいます。

そもそもつける必要のない特約もかなりあります。例えばJAFに加入している場合は、ロードサービス関係の特約はいりません。同じ内容のサービスに二重契約することになってムダです。

また代車費用特約も必要ないといえます。これは事故の際に、台車としてレンタカーを借りる費用が補償される特約です。もし特約を付ける前にその内容を詳しく知っていれば、すぐに不要な特約だと判断できるものが多いのです。

自動車保険の特約についてはその内容をよく知ることがとても大事です。そして自分にとって本当に必要な特約だけを厳選して付けるように心掛けましょう。

自動車保険の賢い選び方

自家用車を保有の方の殆どの場合は、自動車保険は自動車を購入したカーディーラーに薦められたまま加入しているのではないでしょうか。

車両入替などの時も同様で、今さら他の自動車保険に変えても、特にメリットもないだろうとは思い込んではいませんか。

これは、自動車保険はどこの会社を選んでも変わらない、どこの会社を選んでいいかわからないといったところから来ているのではないかと思います。

確かに以前は、どこの自動車保険会社を選んでも、それほど内容的に変わり映えはしなかったのも事実ですが、近年、自動車保険に纏わる規制が緩和され、各自動車保険会社もオリジナリティを出すため付帯できるサービスの内容や価格などでしのぎを削っています。

これからの時代は、ご自身のライフスタイルに合わせた自動車保険をご自身が選び出す事をお勧めします。

その際に便利なのが、自動車保険の一括見積りサイトです。

こちらならば、一社一社に問い合わせをする事なく、主要な自動車保険会社から一度に複数の見積もりを得る事が可能なのです。また付帯するサービスなども一目瞭然なので、比較するのもとても役立ちます。

今の自動車保険料を少しでも安くしたい、内容を充実させたい、欲しい補償だけを得たいなど、自動車保険に不満や要望があるのなら、自動車保険一括見積りサイトを活用してみましょう。

自動車保険に加入する賢い方法とは

任意保険での自動車保険に加入する際に、保険料を安くする方法が色々とあります。その方法について見てみましょう。

まず自動車保険の支払い方法を変更するだけで、保険料が安くなります。毎月払いの保険料を年1回払いで一括して払うと5%程安くなります。特に不都合がなければ年1回払いに変えたほうがお得でしょう。

また保険会社ごとに、様々な割引が用意されています。細かな割引特典だと、つい見落としたり気付かないこともあります。会社によって割引の種類や方法などはまちまちですが、きちんとチェックして割引制度を活用しましょう。また保険に加入する際に、各保険会社ごとの割引制度を検討して、自分がその割引制度の条件に合っているか確認しておくことも大切です。ちなみに割引制度としては、インターネット割引、走行距離割引、ゴールド免許割引、継続契約割引、複数契約割引などがあります。

さらに自動車保険は、車の種類によっても保険料がかなり違います。例えば安全装備がしっかりと付いていて燃費効率のよい、いわゆるエコカーは、相対的に保険料が安くなります。具体的に保険料割引の対象となる装備としては、エアバック、盗難防止装置、ABS 、イモビライザー、横滑り防止装置などです。

このような様々な割引制度を利用して賢く自動車保険に加入しましょう。

自動車保険の加入について

自動車保険はネットで簡単に入れるものから色々審査を受けてやっと入れるものがあります。何が違うかというと、提携会社の多さとサービスの内容です。CM等でよく流れているネットで簡単に入れるものは一般の方には知面度は高いですが、今までの経験と提携会社が少なく、事故等をしたときにその地域に提携会社が少ないので、対応がものすごく遅れたり、代車やレッカー車等も中々来ないので、非常に時間がかかります。そのため、急ぎの時やお金の問題でも対応が遅いので困る事があります。その反面、安い価格・簡単に入れるのはメリットです。その反面、審査を受けて入れるものは業界的に知名度があり、提携会社も多く、経験も豊富なので、事故の対応が非常にはやいという事がメリットです。事故等をした時にその地域に提携会社も多く、代車やレッカー車もすぐに対応でき、相手の話や処理等がものすごく速いです。しかし価格が高いというのがデメリットです。親から引き継いだりすれば安く済みますが、審査等、初心者には中々入りづらい所があり、現在ではCM等で流れているネットで簡単に入れるものが流行っています。対応等を考えると審査を受ける方が良いです。安く簡単に誰でも入れるのはネットの保険となります。このデフレのスパイラルの中、今後どう入れ替わるかが問題です。